So-net無料ブログ作成

収入保障保険を比較する|失敗しない生命保険選び

生命保険は入るのが目的ではなくて、万が一の時に残された家族の生活を守るのが目的のはず。優秀な担当者の存在が欠かせません。

カテゴリー:マニュライフ生命

マニュライフ生命 ブログトップ

マニュライフ生命の収入保障保険の概要をざっくりと解説していきます。 [マニュライフ生命]

マニュライフ生命は、マニュライフファイナンシャル社の一員です。

今はいろんな保険会社の紹介などを動画で見ることもできます。
下の動画は、マニュライフの125年の歴史を紹介されています。

マニュライフ生命の公式動画です。



125年以上の歴史を持つマニュライフ生命収入保障保険を販売しています。


販売名称は「こだわり収入保障」です。
正式名称は、「無配当無解約返戻金型家族収入保障保険」だと思います。


マニュライフ生命の収入保障保険も合理的な死亡保険です。

合理的な理由は、年齢が上がるとともに、減っていく必要保障額に合わせて
死亡保険金も減っていくため通常の定期保険よりも割安な生命保険です。


被保険者が万が一死亡した場合や所定の高度障害状態になった場合、
保険期間満了時まで毎月定額の給付金をお支払してもらえる生命保険です。


マニュライフ生命所定の基準を満たした場合は、標準保険料率より
割安な非喫煙者保険料率、あるいは、優良体保険料率を適用することが出来ます。


タバコを吸わない方や健康状態に自信のある方は、
非喫煙者保険料率健康体保険料率を適用できないか
マニュライフ生命こだわり収入保障を取り扱っている人に確認してみましょう。


せっかく、優良体保険料率を適用できるのに、
標準体保険料率を適用してしまったりしたら、かなりもったいないと思います。


なので、しっかりと割安な保険料にできないか確認しましょう。


契約年齢は、20歳~60歳まで(満年齢)
保険期間・保険料払込期間は、50歳満了~70歳満了
保険料の払い込み方法は、月払い、半年払い、年払いから選択できます。


契約時の年齢により、制限があることもあるようです。
マニュライフ生命のこだわり収入保障を取り扱っている人に
設計書を出してもらって確認してもらいましょう。


月払い給付金支払保証期間は、2年5年で選べます。

他の保険会社の収入保障保険も2年や5年を選べるので、
他社の収入保障保険と比較するときは、この支払保証期間の年数や月額給付金の
金額をしっかりと合わせたうえで比較するようにしましょう。


マニュライフ生命のこだわり収入保障場合、
告知は「健康診断書扱」となるようです。


私も、マニュライフ生命の収入保障保険の設計書を出してもらったことが あり、その時は、会社の健康診断書か、嘱託医の検診が必須とのことでした。


高額な死亡保険なので、保険会社も生命保険を
引き受けるときは慎重に審査を行うようですね。


マニュライフ生命の収入保障に保険契約の更新はありません。


コンバージョンができるかは、マニュライフ生命の収入保障保険を
取り扱ている人に確認しましょう。


コンバージョンできる収入保障保険に絞って、保険を選ぶのも一つの手です。



月払給付金の取扱い範囲は、5万円以上で1万円単位で設定できるようです。
1万円単位で設定できるので、いろんな生活をしている人に細かに対応できますね。


マニュライフ生命の収入保障に、配当金や解約返戻金は、ありません。

ほとんどの収入保障保険には、
配当金や契約返戻金はありませんね。


特定疾病保険料払込免除特約リビングニーズ特約
こだわり収入保障に付加することができます。


手厚い保障にするなら特定疾病保険料払込免除特約を
付加して万全の保障にしておきましょう。


こだわり収入保障の保険料の一例です。

保険期間「保険期間(保険料払込期間):60歳満了」
「保険料払込方法(回数):月払」
「月払給付金支払保証期間:5年」
「特定 疾病保険料払込免除特約:あり」の契約内容の場合です。

月払給付金10万円の場合です。

30歳男性
【標準保険料率 3870円】
【非喫煙者保険料率 2860円】
【優良体保険料率 2660円】

30歳女性
【標準保険料率 2810円】
【非喫煙者保険料率 2490】
【優良体保険料率 2300】

以上のようになっています。


同じ30歳で男性と女性では、保険料に差がありますね。
もちろん収入保障保険でも保険会社が違えば、保険料も変わります。


生命保険の場合、保険料という金額で数字としてはっきりとわかるので、
比較しやすいと言えば比較しやすいと言えるかもしれません、


美味しいケーキのように、味という個人の感覚ではなく、 数字で比較できるので、適した生命保険か否かは、はっきりとわかりますね。


保険を比較するのももちろん大事ですが、
保険を扱っている担当者の知識などを担当者の質も比較検討すべき時代
入っているかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
マニュライフ生命 ブログトップ
ゲームボーイズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。